松岡恭子 建築家

〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-11-19-2F
電話番号 092-732-3121
ファックス 092-711-9551

Copyright, 2016

Kyoko Matsuoka, Architect

2-11-19-2F Daimyo, Chuo Ku, Fukuoka City, Japan, 810-0041
Phone Number: 092-732-3121
Fax Number: 092-711-9551

Copyright, 2016

松岡 恭子

建築家

㈱スピングラス・アーキテクツ代表取締役
NPO法人福岡建築ファウンデーション 理事長

株式会社 大央 代表取締役社長

​国立大学法人九州工業大学経営協議会委員

アジア景観デザイン学会 副会長
一般社団法人 地域素材利活用協会 理事

1987年九州大学工学部建築学科卒業後、90年に東京東京都立大学大学院で修士課程、91年にニューヨークのコロンビア大学大学院建築学部で修士課程を修了した。

 

1992 年ニューヨーク、台北と福岡を拠点として活動を開始。都市空間に新しい風を吹き込む集合住宅や商業建築を数多く手がけてきた。

日本の建築家としては珍しく、新北九州空港連絡橋のような橋梁、公園、道路などの土木構造物をデザインしてきたことでも知られる。

また家具を中心としたプロダクトデザイン、西鉄バスに代表される交通車両のデザインにも携わってきた。

 

一方、設計に加え、国内外の多くの大学で後進のデザイン教育に関わってきた。2007 年から 2013 年までの 6 年間には、東京電機大学建築学科の准教授として、研究と教育に従事した経験も持つ。

その間の調査研究の対象は、東京の全蓋式アーケード、商業化していく交通拠点、都心の高架橋と住環境の関係、公開空地の制度比較など、都市空間と建築のより良いあり方を求めて、多岐にわたった。

 

現在は福岡を拠点に、さまざまな場所、種類のプロジェクトの設計に携わる他、福岡にある優れた近現代建築を一般市民に広く紹介するイベント、MAT fukuoka を 2009年より開催し、それを母体として 2012 年に設立した NPO 法人福岡建築ファウンデーションの理事長を務めている。

このNPO法人は、建築ツアー、子供向けワークショップ、講演会など多様な活動を展開しつつ、優れたデザインを市民と共有しながら福岡の街の文化的土壌を豊かにしていくことを目的としている。

 

福岡市が立ち上げた「天神ビッグバン」を基盤に、今から大きく変わりゆく天神。それを支える天神明治通りまちづくり推進協議会のアドバイザー、および景観形成部会のコンサルタントを務め、100年に一度の街の大改造に建築家として提言を続けている。

 

2016年総合不動産会社、株式会社大央の代表取締役社長就任。不動産、建築、都市デザインに取り組む提案型の不動産会社にすべく、二代目社長として新たな挑戦に向き合っている。

 

受賞歴は「福岡市都市景観賞大賞」「福岡県文化賞」「グッドデザイン賞」「建築九州賞」「福岡県美しいまちづくり賞大賞」など多数。

教 育 歴

2007-2013年    東京電機大学未来科学部建築学科准教授

2014-2016年    九州大学大学院 人間環境学府 非常勤講師

2004-2007年    九州大学大学院 人間環境学研究院 非常勤講師

2004-2006年    西日本短期大学 非常勤講師

2004-2005年    福岡大学 非常勤講師

2001-2003年    鹿児島大学 非常勤講師

2004-2011年    九州大学芸術工学部 非常勤講師

2002-2003年    九州芸術工科大学(現 九州大学)非常勤講師

1995-1996年    台湾実践学院 非常勤講師

受 賞 歴

2019年  第31回福岡県美しいまちづくり建築賞

     (一財)福岡県建築住宅センター理事長賞「博多南駅前ビル ナカイチ」 

2018年   アジア景観デザイン学会学会賞2018景観作品賞「水上公園 SHIP'S GARDEN」

2017年   第27回福岡市都市景観賞 大賞「水上公園 SHIP'S GARDEN」

         第29回福岡県美しいまちづくり建築賞 大賞「SHIP'S GARDEN」

2016年   平成27年照明普及賞 「LCA国際小学校」

2013年   アジア景観デザイン学会景観製品賞「新北九州空港連絡橋」

2011年   九州建築選 佳作作品 「DUO EAST &WEST」

2008年     日本建築学会 建築九州賞 作品賞 「カレ スピラル」

               福岡県文化賞(奨励部門)

2007年     福岡県美しいまちづくり建築賞大賞 「テルツェット」

               空間デザインコンペティション 作品部門佳作「Duo East」

               日本建築家協会 優秀建築選「織物のフォリー」

2006年   土木学会 田中賞 「新北九州空港連絡橋」

               岩崎電気最優秀環境照明賞「新北九州空港連絡橋」

               日本建築家協会 優秀建築選「テルツェット」

2005年     グッドデザイン賞 「ワンストロークテーブルⅡ」

               日本建築家協会 優秀建築選「247」

2004年   中国長春南部中心城区発展計画設計競技1等 「流緑都市」

       福岡県美しいまちづくり賞大賞 「247ビル」

       福岡県産業デザイン賞優秀賞「ワンストロークテーブルⅡ」​

2000年     福岡県住宅文化賞貢献賞 「パルデ百道」

1992年     SDレビュー、SD賞 「Housing for Agoraphobia」​

 

主な社会活動歴

<公的委員会就任委員(一部)>

​福岡財務支局アドバイザー

別府市立図書館及び別府市美術館整備基本構想検討委員

天神明治通り街づくり協議会 街づくりアドバイザー

福岡県景観審議会委員

福岡県屋外広告景観賞選考委員

国立大学法人九州工業大学経営協議会委員

福智町 図書館・歴史資料館設計業務プロポーザル審査委員

福岡市緑化地域制度アドバイザー会議 委員

福岡財務支局 九州の未来力2030メンバー

福岡市道路整備懇談会 委員

唐津市 文化的資源を活用した城内まちづくり計画 策定委員会委員

北九州市景観アドバイザー

東京都 千代田区景観まちづくり審議会委員

大分県 大分県観光ブラッシュアップアドバイザー

都市再生機構 懇談会委員

大分県日田市 竹田公園整備基本計画策定委員

北九州市 都市計画審議会景観部会委員

福岡空港 調査委員会委員

西日本新聞社 西日本フォーラム21委員

福岡市 博多港長期構想検討専門委員会委員

日本建築家協会 国際委員会委員

九州電力広報誌「ともろう」編集委員

国土交通省九州整備局 美しい国づくり懇談会委員

国土交通省九州地方整備局 九州の道指標研究会メンバー

国土交通省九州地方整備局 九州・新長期ビジョン検討調査会委員

国土交通省九州地方整備局 九州の道を考える懇談会委員

福岡県 公園の中の船小屋駅(新幹線)検討委員会委員

福岡県 前原停車場線まちなみ懇談会委員

福岡県 中長期道路整備懇談会委員

福岡市 福岡市都心構想懇談会委員

福岡市 総合計画審議会委員

福岡市 アイランドシティまちづくりマスタープラン会議委員

北九州市次期総合計画検討委員会委員

Matsuoka Kyoko - Pricipal Architect

Graduated from Kyushu University in 1987, received a masters degree from Tokyo Metropolitan University in 1990, and in 1991 earned a masters degree from Columbia University. In 1992, Matsuoka established her firm, Spinglass Architects, and had footholds in New York, Taipei and Fukuoka. She has worked on a variety of projects, including schools, commercial facilities, housing complexes, as well as public structures such as a bridge, parks, streets.  Many of these are widely recognized and received awards.  In addition to the practical activities, her carrier also has an academic side. She has taught and given lectures in many countries, and had been an associate professor at Tokyo Denki University from 2007 to 2013. During the six years, her interests in urban space issues in Japan had become researches and studies about relations between design and regulations.  Since 2012, the nonprofit organization, Fukuoka Architecture Foundation, has been a stage of another activity, which is to introduce and share values of local architecture with a general citizen.

 

Awards (selected)

First prize:the Fukuoka Prefecture/ architectural award for artistic urban design, 2016 (Suijo Park & Ship's Garden)

Good Lighting Award, 2016 (LCA International Elementary School and Preschool)

Fukuoka Prefecture Culture Award Recipient, 2008
Kyushu Chapter Prize for Architectural Design, AIJ, 2008 (Carre Spiral)
Best Building in Fukuoka Award, 2004 and 2007 (247, Terzetto)
First prize: Development Plan of Downtown Changchun, China, 2004
Good Design award, 2005 (One Stroke Table)
SD award of SD Review, 1992